悪徳サイトの特徴

数は激減している

全盛期と比べるとかなり減少していますが、ゼロではありませんので気をつけましょう。

リスクヘッジをする

出会い系サイトを利用しようと思った時に気をつけなくてはいけないことはやはり悪徳業者の存在とサクラメールですよね。

悪徳業者の数は全盛期と比べたら少なくなったのは間違いありません。

全盛期の10分の1以下にまで減ったので比較的安全に利用することができるようになりました。なぜ悪徳業者の数が減ったのかというとそれは出会い系サイトを取り締まる法律が非常に厳しくなったためです。

悪徳業者として警察などに捕まったら非常に重い罪となって罰せられてしまいます。

年々取締りが厳しくなってきているだけではなくて利用者もインターネットに非常になっているので騙される人が少なくなってきました。

悪徳業者からしてみればリスクばかりが強くなって利用者が集まらなければお金にならないということで激減しているのが現状です。

しかし、だからといって決して悪徳業者がなくなるということはありません。毎年といっていいほど未だに多くの人が悪徳業者が運営をする出会い系サイトを利用してしまって出会えないままお金だけが消費されていくという自体になっています。

ここでは具体的にどのようなサイトが悪徳サイトであり、どういったサクラメールに気をつけなくてはいけないのかを紹介していきたいと思います。

自分は騙されるわけがないと思うかもしれませんが、そういった人が何万人も騙されてしまっているのでしっかりと始める前に特徴を把握して騙されないようにしましょう。