メールのやり取り方法

伝えるのではなく伝えてもらう精神

出会い系サイトではメールでのやり取りが中心となることを覚えておきましょう。

苦手な人が多い

出会い系サイトで一番大切なのはメールのやり取りです。しかし、意外と苦手だと思っている人が多いのではないでしょうか?文章だけで自分の気持ちを伝えなくてはいけませんし、冗談もあまり伝えることができませんし、メールだけでもっとやりとりさせたいなぁ~って思っていたので驚きですよね。

とはいって出会い系サイトで重要なのは沢山の人の中からフィーリングが合う人とやり取りしていさえすれば自然と会話というのは弾むものです。

友達を作るときにあまり会話が盛り上がらない人と仲良くはなれないものですよね。ですからまず大切なことは自分と気が合う人間を見つけていけば自然と話せてしまいます。

いろいろな人と交流するのが大切なことではありますが、だからといって自分本位なメールをしてはいつまでたっても相手にされないのではないでしょうか?

ですからここでは相手に嫌われないようにするためのメールのやり取り方法を紹介していきたいと思います。なぜか出会い系サイトを利用していても相手と出会えないとかメールが続かないという人は御覧になってください。

まず最初に相手にされないメールはいきなり自分の願望を伝えるがっつくメールです。いきなり最初の段階で会おうといわれたり援助してください見たいな感じで言われたら相手は冷めてしまいますよね。

とくに女性は信頼できる人間だと判断できるまでは会いたくないものですよね。このご時勢ですからより警戒しちゃうものです。出会いたいという気持ちがありますがそれでも慎重になりたいという気持ちで成り立っているのです。

またお金をいきなり要求されてしまったらこっちとしては気分が萎えてしまいますよね。まずはしっかりと相手の立場に立てるような考えましょう。

他には自分をアピールしてしまうために偉そうな態度をしてしまったり自慢話をしすぎてしまうと相手はいい気分にはなりません。どうせならば相手を褒めるようなメールのほうが相手は喜びます。

さらに男性だったら絵文字ばっかりのメールを送りつけたり、女性だったら逆に味気のない句読点だけのメールを送ってしまうのもよしておいたほうがいいでしょう。

男性は年相応のメールを送ったほうがいいです。ギャル文字などを送られても女性はあまり好感を得ませんし、逆に女性はある程度の絵文字や顔文字を使ってくれないと男性は嫌われているのかな?って思ってしまいます。

相手に喜んでもらえるように行動することがメールのやり取りをするうえで非常に大切なことなのです。