感情をハッキリと伝える

喜怒哀楽をつける

相手に対して怒ることはないかもしれませんが、喜びや楽しいの感情はハッキリと伝えましょう。

オーバーリアクション気味に伝える

メールでやり取りをするときに意識して欲しいのが感情をハッキリと伝えるということです。

メールと会話というのは全然違ってきます。会話というのは相手の表情や仕草などが見えますがメールの場合は相手がどう思っているのかなんて全然見えてきませんよね。

また文章というのは意外とニュアンスによって受け取り側が変わってきてしまうものです。

自分は褒めているつもりでも相手からしてみれば不快に感じ取ってしまうケースも出てきてしまいますし、何よりもメールというのは思った以上に感情が伝わらないものです。

会話だと相手を笑わせることが出来る人でもメールだとそっけなくとらわれてしまうかもしれません。

ですからメールでのやり取りをするときの1つのポイントとして多少のオーバーリアクションでやり取りをすることが望ましいでしょう。

感情は喜怒哀楽の4つがありますが、そのうちの喜と楽に関しては大げさに伝えるようにしましょう。

すごい楽しいとか、すごい嬉しいとか相手にストレートにちょっと大げさ過ぎたかな?って作った時に思うメールでもいいぐらいです。

というのは普段他の人とやり取りをするときに普通のメールでのやり取りしかしていないので逆に新鮮に映ります。

メールでやり取りをするときのポイントの1つとして覚えておきましょう。