シンプルで分かりやすく送る

200文字以内に抑える

相手のことを考えないで長いメール送っても相手からしてみれば見るのが面倒と思ってしまいます。

読み手側の気持ちを考える

出会い系サイトでやり取りをするときに男性はついつい1回ごとのメールに料金が発生するということでどうしてもメールが長くなってしまいがちです。

自分では意識していなくても無意識で行ってしまってしまうケースもあります。

たまたまメールの内容が長文になってしまったというケースはあるかもしれませんが、それが毎回続くような場合は気をつけなくてはいけません。

特に普段から長い文章を送ってしまいがちの人はかなり気をつけましょう。

送っているほうとしては一度に大量の情報を詰め込んで料金の節約になるから自分的には満足いっているかもしれませんが、受け取り側のことを全くといっていいほど考えていませんよね。

大切なのは読み手側にたってメールを構成して送るということです。

今は活字文化ではなくて漫画文化になっていますから大量の文字を苦手とする人も多いです。

一度の長文だったらいいかもしれませんが、毎回のように大量の文章を送られてしまったら相手からしてみれば見るのに疲れてしまいますし、自分も長く送らなくてはいけないというプレッシャーを与えてしまうかもしれません。

それではメールをしていてもつまらないですよね。

ですからメールを相手に送るのは読みやすさを第一にしてシンプルで分かりやすい文章を送るように心がけましょう。

長い文章を送って料金の節約をしても結局出会えなかったら何の意味もありませんよね。そういったところをケチらないようにすることが大切です。